5/10/12

Ritual Exchange Reflections



(日本語は下にあります)

Ritual Exchange! We went in wondering what kind of chaotic mess we had made for ourselves and came out just as surprised as everyone else.

It was amazing!

All four musical acts were incredible and offered different styles, keeping the evening fresh and interesting from set to set.

Ohshu with Cero and Daisuke Tanabe each approached our animations in their own way and presented new perspectives and emotional responses to our work that we had never seen before.

And we managed to not fall apart and come up with something worth looking at, both with our very simple magi puppetry and also with the live drawing for SOUR and How Many Daughters?, culminating in a single, two layer illustration. The wall projections of these analog offerings would not have been nearly as watchable as they were without the help of VJ Mitchel, who really kept the show running the entire evening.

DJs Kai Kunimoto and Michael J Foks kept the mood between sets and Rika Yoda, Sanae and our buddy Jordan Kim sold cds, tshirts, pins, postcards and pendants at the merchandise table. It was an amazing joint effort keeping the evening as exciting as it was and we are incredibly grateful!

We are expecting photos and possibly some video of the evening shortly so we will post those as they become available! The live scoring of our animations was truly a revelation and we wish to do more! Once Ludic Chase is available on the internet we will be certain to share the version Daisuke Tanabe performed as well.

Reflections for Wayfinding and Projecting Together are coming soon! Things have been a bit hectic but we thought we would put this up first and then work backwards. We still have a screening on Sunday 5/13 and are also working on a new animated music video that should release in June I think, so things are just beginning to heat up! Just in time for Summer, maybe?


8日の夜、六本木スーパーデラックスでのRitual Exchangeは無事終了いたしました!

こういうイベントの時はいつもですが、今回は特に実験的な、会場でその場でやってみるしかわからないという部分がふんだんに盛り込まれている内容だったので、当日会場に全ての道具を持ってきて準備しても、リハーサルしても、まだ全く全貌が見えてこないという珍しい夜でした。
そしてそしてその結果は…とっても素晴らしいものでした!本当にすごい夜になりました。
そう思っているのは自分たちだけなのかな…と思ってましたが、来てくれた皆さんからも出演のみなさんからも良いコメントを頂いたので、何か特別な事が起こったんだなと思います。
4組の違うタイプの音楽家の方達が、それぞれに普段とは違う状態で演奏する事を快く受けてくださってほんとうに感謝しています。

王舟さん&荒内佑(cero)さん達は「Bryum & Kapok3部作」に、そしてDaisuke Tanabeさんは「Ludic Chase」 に即興で音楽をつけてくれました。
アニメーション×即興演奏のあとは、音楽演奏とともに、私たちの作ったシンプルなマジャイ(今回のマスコット)パペットとVJみっちぇさんとのコラボレーション映像で参加しました。
SOURさんと How Many Daughters?さん達の演奏のときは、ライブドローイングをそれぞれおこなって、2組の演奏が終わった時にひとつの作品ができるようなものを制作しました。SOURさんの時は、クレヨンをレイヤー上に重ねたものを竹のペンでスクラッチ、How Many Daughters?さん達の時は、その上にグラスを重ねて下の絵が見える形でグラスの上にもう一つの絵を描くという事をやりました。

スーパーデラックスの壁面に映し出されたライブドローイングやパペット映像に、映像を載せたりエフェクトをかけて世界に入りやすくしてくれたVJみっちぇさん。今回彼なしには映像面での成功はあり得ませんでした。

DJs Kai Kunimoto さんと マジナイの主催者でもあるDJ Michael J Foksは、会場の空気をワクワクさせてくれてましたし、物販ブースでのヨダちゃん、さなちゃん、そして写真&ビデオ撮影とブースのサポートもしてくれたJordan Kim、みんな本当に長時間がんばってくれてほんとうにどうもありがとう!

当日の会場の様子をうつした写真やビデオはたくさんあるのでまた後日あらためて紹介したいと思います。Wayfinding と Projecting Together の感想も近日中にアップします!

そして13日は今回の日本旅での最後のイベント、世田谷STUDYでの「第一回世田谷映像祭」です!会場でお会いできる事を楽しみにしています。



No comments:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...