9/14/10

Storytellers Reflections

(日本語は下にあります)
A couple days have passed since our Storytellers at STONE. Our exhibition has also finished and we are busy preparing for the future until our time in Japan is up, mostly trying to figure out how to fit all of these meetings in before we leave.
Though only a week the exhibition at STONE proved to be the most successful yet, especially in terms of traffic. As the Kichijoji location is a ways from where we have been staying we originally only planned on visiting the gallery a few times during the week, but the first day of the show so many people came we realized we needed to be there every day.
The exhibition finished with Storytellers on Sunday which also turned out to be the most successful so far, with a full house, a wonderful lineup of musicians and an incredible Storytellers performance made possible by the collaboration of Toyama Takeo.
Toyama wrote new pieces or altered existing pieces specifically for each part of the story we had written, drawing the audience into the Storytellers world more than ever before.
There were no worries the performances would be anything less than amazing, but when we started the evening, opening the doors and once again inviting audience members to make masks with us, some folks were concerned people wouldn't be drawn into the mood of the evening. But by the time Toyama's set finished and he played Aya onto the stage the whole of Kichimu was enveloped in the Storytellers world.
It was truly a magical night.
We are extremely grateful to Toyama Takeo, Cotoribijutsukan, Sheeprint, Shinsan, all folks connected with Kichimu and everyone who came out for the event. We look forward to our next exhibition at STONE and the next opportunity to perform Storytellers or the next level of this kind performance with Toyama.

12日のStorytellers in キチムの夢のような夜からもう数日たってしまいました…そしてSTONEでの個展「Moon Hare」も展示期間を終え、これで今回の日本滞在中の全てのイベント&展示が(一応)終了です〜!

日本にいる期間もあと2週間…ここからは、今までゆっくり会えなかった人達にどんどん会っていきます。会いまくり、話しまくります!…とその前に、吉祥寺での事を少し振り返ってみたいなと思います。

STONEでの個展は、1週間という短い展示期間にもかかわらず多くの人、それも興味を持って見に来てくれた方達をお迎えする事ができました!そして未来につながるようなとっても素敵な方達とも知り合う事ができて、本当に大収穫でした。
始まる前は、土日+平日にも何日かは顔を出しておきたいな…というくらいの考えでいたのですが、結局毎日ギャラリーに来て接客してました。それくらい濃い日々だったのです。

吉祥寺は私達が初めて一緒に暮らし始めた町。このなじみのある場所で展示ができた事、本当に嬉しく思っています。呼ばれてるような気もするような…また住みたい〜!

この展示の最終日、12日の夜に開催されたイベント”Storytellers”は魔法がかかったような時間でした。共演の小鳥美術館さん(名古屋から来てくださいました)とOneiric Caravanを一緒に回ってきたSheeprintさん、そして今回一緒にStorytellersをやってくださったトウヤマタケオさん!

3組の音楽が、キチムに詰めかけたたくさんのお客さんを物語の世界の奥にゆっくりと誘導していくような様子が見えるようでした。
トウヤマさんは私達の作った3つの物語に合う曲を選んで、時には少しだけ変更を加えて絶妙のタイミングで演奏してくれ、それを聞いたお客さんも本当に集中して聞いてくれて、途中からはまるで誰もいない場所で物語を読んでいるような不思議な感覚に陥るほどでした。

ステージから見ていても、マスクを着けたたくさんの人が目をつぶって物語に集中して聞いていて、そして隣を見るとトウヤマさんが一番近くでピアノ演奏をしているという夢のようなシチュエーションで…すばらしかったです。
このような形式の演目を、そしてもっと広げたものを、トウヤマさんとまたやりたい!いつかできる日のためにまた精進します。

マスクを作ってくれて、あの場所で楽しんでくれた全ての人達にありがとうを!
ギャラリーのシンさん、郁子さんと奈々さん、手伝ってくださったスタッフの皆さん、共演者のみなさん、本当に素敵な夜をありがとう!

次のstorytellers、そして次にまたキチムで何かできる事、楽しみにしています。


(Photo by Picorin)

No comments:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...