9/2/09

Five Years

s41273ca113112_4

(日本語は下にあります。)
From the wooded crevices and dark spaces of Okutama to the haunted hills and cold streams of Greenfield, Overture has made it to year number five! Still meager in our means and production we are nonetheless overwhelmed daily by how far this dream has come. And as is often the case with time perception we see our beginnings at once as a distant shore and the last footprint we left on the path, the years stretching and shrinking as we consider them.
We think of all the folks who have given us opportunities over the years, and believed in us when there looked to be little reason to, and we are deeply grateful. We think also of all the folks who have come about through Overture: Harold & Chim, Bryum & Kapok, Buttobi Bear & Caesar, DingDong Yeahs, etc., looking on in anticipation of how they will continue to grow and excited for what new friends will come along in the future.
Thank you for five magical years and please join us on the adventures ahead!


2009年の8月29日にOvertureは5周年という日を迎えました。

5年前の8月29日、奥多摩の森の中で小さな光が瞬くのをお互いの中に見てからというもの、ある時は急流の飛び石を渡り、暗い洞窟の中を探って歩いたり、雨の中をただ黙々と進んだり、寄り道をしたりしながら、気がつけば一人の力ではとても到達できない遥か彼方まで来ていたように感じます。

素晴らしい人達との出会いもたくさんありました。
5年前に戻って、その時の自分たちに「これから5年の間にこんな人達と一緒に作品を作る事になるよ」と言ってもとても信じられないような、でもどこかで繋がってる気がするような人達…。ひとつひとつの出会いに物語があり、それぞれが大きなターニングポイントでした。

そして、世界のどこかで私たちの作品・キャラクター達(ハロルドとチム/ブリアムとカポック/ぶっとびベアー & シーザー/DingDong Yeahs/ルバーブ達等々)を見てくれた人、この文章を読んでくれているあなた、全ての人にありがとうを!

今、Overtureは来年に向けてまた大きな変化の中にいます。
Overtureの魔法で紡ぐ6年目の冒険を、一緒に楽しんでくれたら嬉しいです。

2 comments:

Sarah W. said...

Congratulations! Well said! Great picture!

Overture said...

Thanks Sarah!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...