11/15/08

Overture meets Hauschka!


Hauschka and Overture at Le Poisson Rouge

Photo:Kaori Saki


(日本語は下にあります)

Just as we are about to embark on the creation of the third and final installment of the Bryum & Kapok animation triptych we receive a reinvigorating encounter! A meeting with the musical half of our project, Hauschka!
Friday night marked the first night of Hauschka's U.S. tour, playing at Le Poisson Rouge in NYC as part of the Wordless Music Series, something he participated in last year as well, and we were fortunate enough to make it down for this event.
Mikhail Simonyan and Tom Brousseau were the two opening acts, each as equally mesmerizing as they were different in their performance. Even before any music was played the venue was extremely full and we could find nowhere to sit which felt stranger than normal as Le Poisson Rouge is set up like a restaurant, with seats only at tables and a stage in one corner and a bar along the opposite wall. Luckily a kind young man and woman offered to share their table with us and we were able to put down our overnight bags and rest our feet.
Hauschka was wonderful and this time had two cellists and two violinists accompany him on a number of pieces from his new latest album, Ferndorf. These accompanying musicians did not fly over from Dusseldorf with him but auditioned and selected just the day before! They all performed beatifully however and even played two of the songs that are used in the animations. Needless to say, these were particularly moving.

Afterwards we were able to speak with Hauschka, as well as Tom Brousseau, and we were even able to finally meet Anna from FatCat USA. It was late and everyone had to be going somewhere but the connection and apprectiation was deeply felt on both sides and now we can take leave on this final leg of our journey with enlivened steps.

USツアー中のHauschkaにニューヨークで会ってきました!
会場は
Le Poisson Rouge。ブロードウェイからちょっと歩いた所にある、赤い壁のシックな場所です。

ゲストは、ヴァイオリン奏者のMikhail SimonyanTom Brousseau
Tom Brousseauと
Hauschkaは、以前見に行ったmumのSomerville公演でゲストとして出演してたので、今回聴くのが2回目です。

Tom Brousseau
は、CDよりも生で聴いてビックリする様な声の持ち主。空間がねじれたように変わって、相変わらずのディビッド・リンチワールド。上手く言葉で説明できないので(CDではなぜか伝わらないんです!)彼は、チャンスがあれば生で見るのを強くお勧めします。

Hauschka
は今回、4人の弦楽器奏者達(2人のチェロと2人のヴァイオリン奏者)とステージに上がっていました。彼の話によると、この4人とは昨日会ったばっかりとの事…?本当か嘘かわかりませんが、息のあった演奏でした。
今回も、たくさんの小さなグッズをテープで弦にくっつけて演奏していましたが、新入りグッズのシルバーボールのネックレスみたいなものを、
アメリカに来て100円ショップみたいな所で購入したばかりでよく使っていると説明していました。
そしてグッと来たのは、3部作アニメーションの1作目と3作目の使用曲を演奏してくれた事!
特に現在ストーリーボード制作中の3作目の音楽は、最高のタイミングで体にしみ込ませる事が出来ました。

ライブの後は、Hauschkaに会って少し話す事が出来ました。
昨年の11月にほんの少し会ったっきりで、そこから丸一年ぶりの彼は大きな背よりさらに大きく見えるような、光っている様な感じがしてました。

Tom Brousseau
も、ツアー先のホテルでHauschkaに教えてもらってビデオを見たよ!凄く良かった!と話してくれて、とても気に入ってくれたみたいです。最初は私達が作ったと知らずに普通に話していて、後で驚いてました。

Hauschkaには次のツアー先が(シカゴ)、私達にも3作目の制作があるので、また近いうちに会える事を約束して、今はひとまずのお別れ。同行の友人カオリちゃんに写真を撮ってもらいました。
さあーこれから3作目、頑張らなくちゃ!

No comments:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...