11/5/07

mum@somerville theater


(日本語は下にあります)
Last night we were fortunate enough to see mum play in Somerville, MA. It was our first chance to see them live and it was an amazing experience.
Haushka and Tom Brosseau opened, both with engrossing solo sets. Haushka, alone at an upright piano opened up with little bells and trinkets hanging from duct tape against the exposed strings, created worlds of sound with a wry little grin that invited the audience in and started the evening very nicely. Tom with his guitar and fascinating stage presence told emotional little stories and held a short Q&A.
Mum was much different live than what I had expected listening to their recorded music. Recorded, the band sounds much smaller, focused on this and that detail of sound. Live, the attention to details of sound remain but scope of the sound is much greater, not just being louder in general but the presentation feels grander and more oriented towards movement. It was a shame the Somerville Theatre's seating is bolted down.
It was also great to finally get a chance to meet the band after writing back and forth since we first started talking about the video early this year.
Thank you for a wonderful evening!

///////////////////////////////

昨日、今ちょうどUSツアーで回ってきてるmumのライブを見に行ってきました。




私達が住んでる所から車で2時間ほどのsomervilleという町のsomerville theaterです。

えー感想は…ひっじょおおおに楽しかったです!美しい!最高!!

共演は同じfatcatレーベルから、HaushkaTom Brosseauでした。
Haushkaも大好きだったので、嬉しい★ピアノにいろいろ細工をしてました。
Tom Brosseauは、ディビット・リンチの映画に出て来る人の様でした。歌いはじめた瞬間、空気が違う色に変わります。

そしてmum!YoutubeのBBCチャンネルにアップされていた、今年の夏のロンドンのライブよりもずっとリラックスしていて、叫んだり、踊ったり、椅子に座っているこっちも動かされるようなライブでした。

終演後、メンバーに会って、彼らがバスに乗り込むまでの間に少し話が出来ました。

依頼をくれたオルヴァルはもちろん、他のみんなもアニメーションを見てくれてて、さらにアイスランドの別のアーティスト、KirakiraのEP カバーをやった事まで知ってて(mumのメンバーが参加している)、アイスランドのアーティストは本当にみんな繋がってるんだなあ〜と再確認。

とりあえずはアイスランドでの展示を目指しつつ、お互いに再会を誓いました。

No comments:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...